KDE


Vine Linux 6・7 共に KDE Plasma Workstation 4 を採用しています。

3D 環境推奨、デスクトップ環境の中ではメモリ使用量も大きく 1GB でも動作しない可能性があります。

一方でデスクトップ効果は多彩で、美しい表示を実現します。

 

なお、KDE の新環境 Plasma 5 が 2014 年に公開されていますが、

はやくても Vine Linux 8ナビゲーションの編集 になるでしょう。


はじめて使う場合

KDE をはじめて使う場合は、「システム設定」を起動し、次の項目を確認・設定して下さい。

  • 「ロケール」を選んで、左項目「国と言語」のところで
    「言語」タブを選び、「日本語」を右側「優先言語」に移動
    (基本的に日本語で使用する場合)
  • 「入力デバイス」を選んで、左項目「キーボード」のところで
    「ハードウェア」タブ内、キーボードモデルを「Genenic|105キー(国際)PC」に変更
    (日本語 JIS キーボードの場合)
    ここには Num Lock の設定もあります。

「日本語」を優先言語に設定

キーボードモデルを

「Genenic|通常 105 キー(国際)PC」へ変更



メニュー

KDE では2種類のメニューが備わっています。

「従来のメニュー」は Vine Linux 2 で採用されていた KDE3 に近いスタイルで表示します。

MATE・GNOME2 を使っていた場合は、こちらのメニューに変えた方が使いやすいかもしれません。


メニューアイコンを右クリック -

従来のメニューに切り替え を選びます。


このような表示になります。


元のメニューに戻したい場合は メニューアイコンを右クリック -

アプリケーションランチャースタイルに切り替え で戻す事ができます。