Vine Linux のインストール



システム要件

Vine Linux 6 系を GNOME デスクトップ環境で使用する場合は、下記のシステム要件で公表されています。
Vine Linux 6.5 も同一で公開されています。

  • CPU
    i686 (32bit) バージョン - i686 の命令セットをもつ CPU (VIA C3 を除く Pentium III 以降推奨) 1GHz 以上目安
    x86_64 (64bit) バージョン - 64bit 対応の AMD64 または Intel64 アーキテクチャ CPU
  • メモリ 1GB 以上推奨
  • HDD 最小構成 CD フル 2GB 程・DVD フル 12GB 程度のインストール領域

Vine Linux 7 ではもう少しスペックが上がるでしょう。

インストール領域は大きく変化しませんが、メモリは 2GB 推奨、

更に GNOME 3・Cinnamon・KDE 使用の場合は 3D 対応のビデオカード推奨になってくるでしょう。


エディションの違い

現在 Vine Linux には CD エディションと DVD エディションが存在します。

どちらも USB メモリ等に入れてインストールも可能です。

 

CD エディション

Vine Linux 6 系では GNOME 2 デスクトップ環境を

最小構成でインストールできます。

DVD エディション

Vine Linux 開発陣おすすめパッケージを収納。

通常はこちらでインストールして下さい。



インストール手順

Vine Linux 6.5 の基本的なインストール手順です。

 

ディスクを起動した時のメニュー。

通常は「Install Vine Linux 6 - default」で起動します。


「Advanced Option」を選択した場合のメニュー。

インストール方法がいくつか用意されています。


「Install Vine Linux 6 - default」でを選択した場合、

少し待つと次のようになります。「次へ」を選択。

 

言語の選択。

ここは通常「日本語 (日本語)」でしょう。


キーボード指定。通常「日本語」になると思いますが、

キーボードの種類によっては変えて下さい。


インストールの種類。

通常は「デスクトップ」を選ぶ事になるでしょう。


ディスクパーティションの設定。

他 OS を入れている場合は手動が良いかもしれません。

 

自動パーティション指定。

削除してインストールするか、空き容量を使用するか。


ブートローダの設定。他に入れていない場合は

初期状態のまま進めて構いません。


ネットワークの設定。初期状態で DHCP の設定です。

固定 IP などにする必要があれば、ここで設定します。


ファイヤウォール設定。デスクトップ専用であれば

このまま特に変更する必要はありません。


追加の言語サポート。

特にこのまま変更する事はないでしょう。


タイムゾーンの選択。日本なら「アジア/東京」。

「システムクリックに UTC を使用」は必要に応じて。

 

root パスワードと一般ユーザーアカウントの設定。

通常は両方作成する事になるでしょう。


インストールパッケージのデフォルト設定。

必要ならカスタマイズ、分からなければデフォルト。

 

インストール準備完了。これで設定は完了です。

ここで「次へ」を押すと、インストール開始です。


インストール準備完了まではディスクに変化が発生しません。(初期化を含め)

次へを押したところで初期化を含むインストール作業になります。

 

インストール中の画面。

ここで少し待たされます。コーヒータイム。


この表示になったらインストール完了です。

CD・DVD はここで取り外して、再起動します。



運営者が実際に Vine Linux 6.5 をインストールしています。最後まで見ていると良い事があるかも?

 

パーティションを多く生成している場合の注意

Vine Linux 6 で採用するインストーラーは Vine Linux 3 から長く利用されています。

Linux は SCSI ディスクの場合、パーティション番号 15 まで(例えば sda15 まで)しか使用できない仕様でした。

インストーラーはその仕様が残っています。

そのため、例えば sda16 以降を生成している場合、

それはインストーラーは認識せず、インストールを行う事ができません。

sda15 以前のパーティションへインストールを行って下さい。

 

これはインストーラーのみの問題で、Vine Linux 本体と多くのアプリは sda16 以降も使用できます。

そのため、インストール後、パーティションを sda16 以降へ移動させるのは問題ありません。
(行う場合は fstab の設定などにご注意下さい)

 

Vine Linux 7 ではインストーラーが変わり、この問題はなくなる予定です。


ブートローダ GRUB

GRUB 2 を使用する他の Linux ディストリビューションでは Vine Linux を自動検出し、設定できるでしょう。

そのため、他の Linux とデュアルブートにしている場合は、他の Linux で GRUB 起動するようにすると良いでしょう。

Vine Linux 7 では、さすがに GRUB 2 へ変更するのではないかと思います。

 

GRUB4DOS や旧 GRUB を用いている場合、手動で入れる必要がある場合は次のような形式です。

(hd0,1)=sda2 (hd1,5)=sdb6 となります。(GRUB2 とは後ろの数字が異なります)
root= が / の場所、resume=swap: が swap の場所(ない場合は省略)です。

root (hd0,1) は UUID での指定で uuid a15852a7-859e-45a6-9ff0-d3ebfdb5cea5 という記載も可能です。

root= も同様に UUID で root=UUID=a15852a7-859e-45a6-9ff0-d3ebfdb5cea5 とできます。

resume=swap: 部分を UUID にしたい場合は resume=UUID=a15852a7-859e-45a6-9ff0-d3ebfdb5cea5 という感じに記載して下さい。

ブートローダー専用にパーティションを用意している場合は /boot を外して下さい。

 

title Vine Linux

root (hd0,1)

kernel /boot/vmlinux ro root=/dev/sda2 resume=swap:/dev/sda1 vga=0x314 splash=silent quiet

initid /boot/initrd.img

 

起動画面を画像表示ではなくテキスト表示にしたい場合はこのようになります。

画面が乱れる場合はあえてテキスト表示にするのも手です。

 

title Vine Linux

root (hd0,1)

kernel /boot/vmlinux ro root=/dev/sda2 resume=swap:/dev/sda1

initid /boot/initrd.img

 

vga=0x314 は 800×600・65536 色表示です。

 

省略した場合は認識した解像度でテキストモードを表示します。

 

UEFI 環境へ Vine Linux 6 をインストールする場合の注意

Vine Linux 6 がインストールするブートローダー GRUB 1(GRUB Legacy)は UEFI に対応していません。

他の OS とマルチブートにする場合は他の OS の GRUB 2 を経由するのがおすすめです。

または rEFInd など、UEFI 対応のブートローダーを検討する必要があります。