テクニック



スクロールを逆にする

Mac の OS X やスマートフォン・タブレット端末に慣れると、
スクロールは従来と逆の操作に設定する必要が出てきます。

デスクトップ環境に関係なく有効にするには Xmodmap を使用して逆にします。

Vine Linux では .Xmodmap ファイルで動作可能なので、これで設定します。
端末より次を実行します。行頭 $ は入力不要です。X が大文字なのにご注意下さい。

$ echo "pointer = 1 2 3 5 4 6 7 8 9 10" > ~/.Xmodmap
すぐ反映したい時は次のコマンドですぐに反映されます。
$ xmodmap ~/.Xmodmap
再起動直後で .Xmodmap を読み込むか設定が表示されるので、読み込むように設定して下さい。
Xfce・KDE はこれを行わずに設定でスクロールを逆にする事が可能です。
GNOME 3 関連のアプリは有効にならないものがあります。
/usr/share/X11/xorg.conf.d/20-natural-scrolling.conf に次のファイルを入れる方法もあります。
こちらは GNOME 3 などでも動作可能です。ただし全ユーザーに反映されます。

起動の時に Num Lock をオンにする

2016年4月より、他の Linux でよく使われている numlockx がパッケージ化されました。

こちらをインストールする事で、起動時 Num Lock をオンにする事ができます。 

 

sudo apt install numlockx

 

必要な場合は自動起動の項目としてコマンド numlockx を加えて下さい。

 

従来は /etc/rc.local に下記を加える、という方法が Vine Linux では普及していました。

この方法は CLI 環境でも有効になります。

 

for tty in /dev/tty[1-9]*; do

setleds -D +num < $tty

done

 

Xfce は Num Lock を記憶する設定があるため、Num Lock の状態を保存します。

KDE は Num Lock の設定が可能です。